JR青梅線の東青梅駅にある、女性鍼灸師が治療を行う鍼灸院です。

鍼灸治療とは

  • HOME »
  • 鍼灸治療とは

鍼灸治療の作用 鍼灸治療の作用
鍼灸は身体に刺激し、生体に機械的刺激を与え、それによる生体機能を利用し、生活機能の変調を矯正し、
疾病の治療または予防をに応用する施術です(1)調整作用 疼痛や痙攣に対して鎮静作用 知覚の鈍麻、運動麻痺に対して興奮作用
(2)誘導作用 患部や遠隔部に鍼灸をし、充血を起こし血量を調節する作用
(3)反射作用 生体の有する反射気転を通して、組織、器官の機能を亢進、抑制するこし血量を調節する作用
(4)消炎作用 施術により白血球は増加し、生体の防疫能力を高める作用
(5)防衛作用 網内系機能を高め、白血球を増加させ治癒機能を促進させ、防疫能力を高める作用
(6)転調作用 アレルギ-体質などを改善させる作用

  当院の鍼灸治療の方法


当院でよく使用する鍼です
太さや長さもいろいろあり、
一人一人体質にあわせ選びます
22 筒に入れ鍼を打つため痛みは少ないです
(当院の鍼はすべて高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)によって消毒してあります。
この消毒法は厚生労働省およびWHO(世界保健機構)が、エイズや肝炎の消毒法として指示したものです

希望の方は使い捨てはり(有料)
個人専用鍼(有料)も用意してあります

お灸も灸点紙(右上の白い紙)という紙の上にしますので火傷の心配もありません)
治療室は4室、
カーテンで仕切られております。

鍼の種類

鍼灸治療と一言で言ってもたくさんの方法があり、まず鍼の材質だけでも一番多く使われているものだけでもステンレス、銀、金などがあります。
鍼の長さ太さもいろんな種類があり、とても長いはりも短いはりもあります。太さも髪の毛ほどの太さから太い針までたくさんの針があります。鍼と言われ縫い鍼を連想される方がいらっしゃいますがそのようなものとは違います。
鍼の刺し方もいろいろあり、鍼を刺してすぐに抜く方法、鍼を刺さず接触だけする方法、鍼を刺して少し置いておく方法など多岐に渡ります。又、鍼に電気を通電させる方法などもあります。そのため、現代の鍼灸院はそれぞれ異なった鍼や方法を使用しています.
よって鍼灸治療と一言で一つの治療方法という枠には収まり難いのです

当院では鍼の材質は基本はステンレスを使用しています。
鍼の長さ、太さは髪の毛ほどの細いもから、中国鍼と言う太い鍼まで揃えています
小児の治療、皮膚のきめが細かく敏感な方は(鍼恐怖症の人も)においては基本的に鍼を刺さず接触だけする方法にします
鍼を刺して少し置いておく方法(置鍼)やすぐに抜いてしまう方法など一人一人の患者さんの体質に合わせて治療をします。

TEL 0428-21-0068 9時~12時、14時~21時(土曜20時)、火曜木曜休診

PAGETOP
Copyright © 東青梅治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.